ブログ

Rosenkranz カイザースネーク 【Kaiser Snake/Sil】

なぜ、これをつけただけで音が大きく変化するのか、まったくもって理由が分かりません。
ブラインド状態で比較しても分かるほどでした。

無理やり納得させようとするなら、ケーブルが蛇行することにより、右ねじの法則に従って生じる磁界の軌道が変化するせいなのでしょうか。
そうであれば、音にうねりが生じ、音の響きと迫力が増すことは納得できます。

確かに、少なからぬケーブルメーカーが磁界を意識してケーブルを作っています。
シールドを使用するのもその原理の一つですね。

そういうことにしておこう…と無理やり納得してみましたが、理由はやはり分かりません。
自分は、一度聞いてみて、生じた違いにコスト分の価値を感じたため、購入しました。

説明のしようがないので、一度聞いてみてください。
批評するのは、それからでも遅くないはずです。

Rosenkranz Silver Earphone RK-Silver1

※この記事と同一のレビューを、eイヤホンにも投稿しています。

公式発売前に購入しましたので、間もなく、購入してから1年となります。

また、イヤーピース・ケーブルを現在の構成にしてから半年たちましたので、かなり、安定した状況になっているかと思います。

<主な視聴環境>

・DAP:MK70

・AMP:mojo

・ケーブル:Rosenkranz HP-Rainbow 3.5mm → NIDEON NMC-200F → 【現在】Rosenkranz 5Tools(一般未発売)

・イヤーピース:final Eタイプ → JVC Spiral dot → AZLA SEDNA → 【現在】Spinfit CP240

<総評>

完璧なまでの定位と計算され尽くした反響が最大の魅力となるイヤホン。

このイヤホンであらゆる音を聞いた時、一切の違和感がない。

一聴の価値があるだけでなく、イヤホン・ケーブル選びをする際に、このイヤホンを全ての基準にしてみることがお勧め。

<音質>

一言でいうと、とにかくリアルな音がします。

例えば、実際にライブ会場やコンサートホールで音楽を聴いた時、正面の楽器やアンプから鳴っている音だけではなく、反響音や空間の振動を感じると思います。

このイヤホンで、音楽を聴いた時、そのような反響音や体中が振動する感覚を、実際に体感することができました。

今まで、それなりの数のイヤホンを使用してきましたが、こうした経験は初めてで、心底衝撃を受けました。

おそらく、イヤホンよりもヘッドホンの方が好きという方は、その感覚を大切にされている方かと思いますが、あらゆるヘッドホンよりもそうした感覚を体験できます。

また、本来求められている使用環境とは異なるかもしれませんが、スポーツや映画を見る際に使用したとき、周りの歓声や環境音なども自然に聞こえ、本当にその場にいるかのような、自然さと凄まじい臨場感を感じます。

<ケーブルとの相性>

どのようなケーブルでも確実に仕事をしますが、品質が低いケーブルや構造的なバランスが悪いケーブルだと、ドライバがサボるような印象があります。

下手なケーブルを使うぐらいなら、太い銅の単芯ケーブルを使用する方が良いと思います。

Rosenkranzのケーブルとの相性はやはり優れているので、使用上の問題やこだわりがなければ、自然とこの組み合わせになると思います。

<装着感・イヤーピースとの相性>

装着してみると、重量ほどの負担感はありません。

音のバランスを裏付けるだけの、構造的なバランスも優れていると思います。

一方、サイズが大きいので、耳孔が細い方や浅い方は装着が難しいと思います。

また、シングルフランジのイヤーピースだと圧迫感が強くなり、痛みを感じやすくなるので、ダブルフランジのイヤーピースでの装着がオススメです。


軽トラ(ハイゼットトラック S510P)のバッテリー交換をやってみた件

車のエンジンに点火し、ライトやエアコンなど、様々な電装品に電力を供給するバッテリー。まさに自動車の生命線です。

自動車に乗る人間にとって避けられないバッテリー交換ですが、 皆さんはどのくらいのお金をかけていますか?

ちなみに、某大手カー用品店の新春大売り出しチラシでは、

  • Panasonic Caos(60B19) 限定3個 税抜9,980円
  • Panasonic製プライベートブランド(44B19) 税抜8,980円
  • Panasonic製ギガパワーエコノミー(40B19) 税抜5,980円
  • ユアサの格安バッテリー(38B19) 税抜3,980円

となっていました。実際はここに、交換工賃が税抜500円~となるわけです。

※ちなみにカオスは、通常価格だと12,980円~13,980円が大手カー用品店での相場。

実は、ネット通販の活用と作業の簡単なコツをつかめば、大きくコストを削減できます。

↓詳細は動画にて

ユアサの低価格バッテリーから、高級品のカオスへの交換がわずか5,000円そこそこ。皆さんは、これを見てもまだ無駄に高いコストをかけたいと思いますか?

『大手のショッピングサイトで型番を入力して購入する』これだけの作業で、コストがここまで変わるんです。

自分でやるのが面倒という人でも、ネットで購入して、持ち込み交換をしてもらえば、それだけでも少なからぬコスト削減につながります。

※工賃は倍とられますが、差し引きで大幅コスト減になるのは確実です。

そのためには必要なバッテリーサイズの選び方を、必ず理解しておく必要がありますが、情報サイトはたくさんあります。

http://xn--9ckg2a3hyd588vu43d87r8lefyd.com/entry3.html

このちょっとした調べすらしたくない・それすら分からないという人を相手にうまく儲けを増やす仕組みができ上っているんですね。

ちょっとした車の理解で、簡単にコストを削減しながら、リフレッシュや能力向上が図れるというお話でした。

交換後インプレッションは、また後日。

by. 軽トラバー

当サイトにおけるレビューの考え方

誰にでも通じる「良い車」の定義も「良い音」の定義も、存在しません。

なぜなら、そこに一人一人の「好み」や「使用目的」、「コスト」などの「個性」や「環境」といった要素が加わるからです。

それにもかかわらず、一つ一つの条件の数値[車で言うところのエンジンの性能・タイヤの性能・オイルの性能など、オーディオで言うところの周波数特性・ビットレートなど]ばかりが重視されるのでしょうか。

もし、数値を重視するのであれば、結果を数値化することが不可欠であり、条件と結果の相関を示すことにこそ価値があることでしょう。

条件だけを重視するのであれば、全員がF1やドラッグレースの車に乗ればいいわけです。

振り返ってみると、皆さんも「良い車とは何か」「良い音とは何か」を考えるときに、結果ではなく、一つ一つの条件を重視しがちになっていませんか。

こうなると、企業や技術者、研究者はその要望に応えようとより多くの人が「良い」と感じる条件を探し、その条件を満たす商品を示そうとします。

このこと自体は、間違ったことではありません。

しかし、これが行き過ぎて人の感覚を軽視し、実験室的な数値やグラフばかりをありがたがって、実際の走りや音を感じ取ろうとしなくなる。

こうした本末転倒な現象が起こってしまう場面をよく目にします。

このような現状に対する危機意識から、このブログでは、条件・結果・感覚の3つをふまえ、バランスよくレビューできるように心がけていきます。

拙い文章ではありますが、予めご理解ください。

by. 軽トラバー

燃費チャレンジを始めます

車に乗る人間にとって、どうしても気になるのは燃費。

これまでにも、多くの人が燃費をよくする方法を実践しており、世の中には様々な情報があふれています。

一方で、個人の主観によるものや企業からの一方的な情報ばかりで、何がいいかを選ぶのは、本当に難しい状況です。

そこで自分は条件に明確に設定して、エンジンオイルと添加剤による燃費の変化を継続的・縦断的に調べてみようと思います。

条件は以下の通りです。


【条件①】使用オイル&添加剤

※1 オイールとオイール2のお試しセット各1本で2980円のため

【条件②】環境の設定

  • 毎回、マイクロPTFEα・マイクロボロンSRをそれぞれ指定量添加
  • オイル交換ごとにオイルフィルターを同時に交換
  • タイヤのローテーションと空気圧調整を実施
  • OBD2 ガソリン車用 ニトロ+エコ合体モデルを使用し、ECUをリセット
  • FFヒーター使用時は加算しない

どのような結果が出るのか、とても楽しみです。

続きはこちらから


【特P】空きスペースを貸すだけ!毎月2万5千円の副収入


当サイトについて

〇著作権について
当サイト内にあるデータの著作権・所有権その他の権利は、運営者である軽トラバーが保有いたします。無許可の販売・再配布などはできません。リンク・引用をご希望される場合は、運営者へ確認のうえ、必ず著作権の表示を行ってください。

〇商標について
当サイトに掲載している会社名、サービス名、製品名などはいずれも運営者あるいは各企業、団体の商標または登録商標です。当サイトでは説明の便宜上、その商品名、団体名を記載する場合がありますが、それらの商標権の侵害を行う意思や目的はありません。

〇免責事項

  • 当サイトに情報を掲載するにあたり、十分に検討・確認作業を行っておりますが、その内容に関し、その正確性、有用性、確実性、安全性、特定目的に対する合目的性その他いかなる保証もするものではありません。コンテンツご利用により、万一何らかの損害が発生したとしても、一切責任を負いません。
  • 当サイトの構成、利用条件、URLおよびコンテンツ等を、予告なしに変更または中止し、あるいは当サイトの運営予告なしに中断または中止することがあります。なお、理由の如何関わらず、これらの変更及び当サイトの運用が中断または中止されたことによって生じるいかなる損害についても責任を負うものではありません。
  • 当サイトから、もしくは当サイトにリンクを張っている第三者のウェブサイト(以下「リンクサイト」)の内容は、それぞれの責任で管理されるものであり、管理者の管理下にあるものではありません。また、管理者とリンクサイトとの間に提携などの特別な関係があるということを意味するものではありません。管理者は、リンクサイトの内容について、また、それらのご利用により生じたいかなる損害についても責任を負いません。

by. 軽トラバー

開設あいさつ

皆さん、はじめまして。

軽トラとポータブルオーディオとマリーンズを愛する「軽トラバー」といいます。

皆さんは軽トラというと、どのようなイメージをお持ちですか?

  • 仕事用?
  • 農業用?
  • 荷物を詰めればいい?
  • ダサい?
  • うるさい?
  • 安っぽい?

ポジティブなイメージをおもちの方は、あまり多くないのではないでしょうか。

しかし、軽トラはとてもシンプルな構造でありながら、エンジンが車体の中心にあるうえ、高級車と同じ後輪駆動をもちます。

このため、圧倒的なバランスとクラスを大きく凌駕するパワーを併せもつ、日本車の歴史の中で、最も完成された車の一つです。

このため、

©2012-2019 株式会社 プロ・スタッフ
©チャンプロード
©2012 軽トラック情報館|大阪事業所

使う人の用途や環境にあわせて、どのような形にでも改造していける、最高のベース車の一つだと思っています。

主は、その使い方として「キャンピングカー」を選択しました。

しかし、当然ながら軽トラをキャンピングカーとして使用していく中で、様々な不満やアンバランスを感じます。

それらを解決・改善していこうとする中で、様々な問題に直面しました。これらと向き合う中で、発見したことや知りえた情報が数多くあります。

これらを皆さんに共有していくことで、軽トラの楽しさや奥深さを皆さんにお伝えできれば幸いです。

不慣れな点も多々ございますが、皆さんの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

by. 軽トラバー