当サイトにおけるレビューの考え方

誰にでも通じる「良い車」の定義も「良い音」の定義も、存在しません。

なぜなら、そこに一人一人の「好み」や「使用目的」、「コスト」などの「個性」や「環境」といった要素が加わるからです。

それにもかかわらず、一つ一つの条件の数値[車で言うところのエンジンの性能・タイヤの性能・オイルの性能など、オーディオで言うところの周波数特性・ビットレートなど]ばかりが重視されるのでしょうか。

もし、数値を重視するのであれば、結果を数値化することが不可欠であり、条件と結果の相関を示すことにこそ価値があることでしょう。

条件だけを重視するのであれば、全員がF1やドラッグレースの車に乗ればいいわけです。

振り返ってみると、皆さんも「良い車とは何か」「良い音とは何か」を考えるときに、結果ではなく、一つ一つの条件を重視しがちになっていませんか。

こうなると、企業や技術者、研究者はその要望に応えようとより多くの人が「良い」と感じる条件を探し、その条件を満たす商品を示そうとします。

このこと自体は、間違ったことではありません。

しかし、これが行き過ぎて人の感覚を軽視し、実験室的な数値やグラフばかりをありがたがって、実際の走りや音を感じ取ろうとしなくなる。

こうした本末転倒な現象が起こってしまう場面をよく目にします。

このような現状に対する危機意識から、このブログでは、条件・結果・感覚の3つをふまえ、バランスよくレビューできるように心がけていきます。

拙い文章ではありますが、予めご理解ください。

by. 軽トラバー

「当サイトにおけるレビューの考え方」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です