軽トラ(ハイゼットトラック S510P)のバッテリー交換をやってみた件

車のエンジンに点火し、ライトやエアコンなど、様々な電装品に電力を供給するバッテリー。まさに自動車の生命線です。

自動車に乗る人間にとって避けられないバッテリー交換ですが、 皆さんはどのくらいのお金をかけていますか?

ちなみに、某大手カー用品店の新春大売り出しチラシでは、

  • Panasonic Caos(60B19) 限定3個 税抜9,980円
  • Panasonic製プライベートブランド(44B19) 税抜8,980円
  • Panasonic製ギガパワーエコノミー(40B19) 税抜5,980円
  • ユアサの格安バッテリー(38B19) 税抜3,980円

となっていました。実際はここに、交換工賃が税抜500円~となるわけです。

※ちなみにカオスは、通常価格だと12,980円~13,980円が大手カー用品店での相場。

実は、ネット通販の活用と作業の簡単なコツをつかめば、大きくコストを削減できます。

↓詳細は動画にて

ユアサの低価格バッテリーから、高級品のカオスへの交換がわずか5,000円そこそこ。皆さんは、これを見てもまだ無駄に高いコストをかけたいと思いますか?

『大手のショッピングサイトで型番を入力して購入する』これだけの作業で、コストがここまで変わるんです。

自分でやるのが面倒という人でも、ネットで購入して、持ち込み交換をしてもらえば、それだけでも少なからぬコスト削減につながります。

※工賃は倍とられますが、差し引きで大幅コスト減になるのは確実です。

そのためには必要なバッテリーサイズの選び方を、必ず理解しておく必要がありますが、情報サイトはたくさんあります。

http://xn--9ckg2a3hyd588vu43d87r8lefyd.com/entry3.html

このちょっとした調べすらしたくない・それすら分からないという人を相手にうまく儲けを増やす仕組みができ上っているんですね。

ちょっとした車の理解で、簡単にコストを削減しながら、リフレッシュや能力向上が図れるというお話でした。

交換後インプレッションは、また後日。

by. 軽トラバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です